人気芸人でもチケットを「手売り」するワケ

キンコン西野氏、ウーマン村本氏らも

知名度のある人気芸人が、あえて手売りをするその理由とは?

お笑い芸人が、自身が出演する舞台のチケットを、自身で売り歩く「手売り」が盛んらしい。もちろん売れない若手芸人たちが、ただ待つだけじゃ売れないチケットを自分たちで売ることは昔からあったが、最近では知名度のある人気芸人が、あえて手売りすることも。その理由、今と昔の違いとは?

「若手時代はダウンタウンの2人も劇場で自分たちのライブのチケットを手売りしていましたよ。ダウンタウンが売れて、大阪で『4時ですよ~だ』(毎日放送)をやっていたときは、心斎橋筋2丁目劇場で売れる前の今田耕司さんと東野幸治さんが、よくチケットを手売りしていましたね」(大阪在住のお笑いファン)

若手ではなく、人気芸人も手売りをする

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

チケットの手売りは、若手芸人なら誰もが通る道。今は有名になった芸人でも、駆け出しのころは、自分たちでの手売りを経験している。しかし、現在では、人気芸人が手売りするケースも多いとか。

「キングコングの西野亮廣さんやウーマンラッシュアワーの村本大輔さんなど、露出の多い芸人さんもやっていますね。みなさん、ツイッターでチケットが欲しい人と連絡を取り合って売っています」(お笑いライター)

そのほかにもインパルス、ジャルジャル、ダイノジ、しずるなどの人気芸人がチケットの手売りを行っている。

「有名芸人でも、劇場を埋めるのは簡単ではありません。テレビでは有名だったとしても、お金を出して見てもらうほど好きになってもらうのは難しい。手売りは、お客さんにとっては、芸人と話せたり、ツーショットを撮れたり、いいことずくめ。芸人にとっては、チケットが売れれば言うことない」(芸能プロ関係者)

ちなみに、現在は売れっ子でも“営業マン”として優秀ではなかった人も……。

次ページ「え?お祓いですか?」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。