うまくなる人ならない人、違いは性格!?

ゴルフがうまくなる人とならない人の違いは、性格によるものではないか。最近、僕が唱えている説です。

野球やテニスなど動いているボールを打たなければいけないスポーツを極めるには、動体視力もいるし、それなりの運動神経は絶対に必要です。では、動かないボールを打つゴルフには何が必要なのかというと・・・反復して同じことをどれだけできるかという能力だと思います。教える人の言うことをちゃんと聞いて、それを守ることができるか、それは、ほぼ性格の問題です。したがって高い運動神経がいるかどうかというと、そうでもないという結論に達しました(笑)。運動神経がいい人=ゴルフがうまいというわけではないということです。

たとえば、プロ野球選手というと“運動神経の塊”という感じですが、では野球選手は皆ゴルフがうまいのかというと、実はそうでもない。特にバッターは、それほどうまくないんです。まれに例外もありますけどね。でもゴルフのスイングと野球のスイングは非常に似通っている。体の回転を使うとか、脇を締めるとかね。なのに実はバッターよりピッチャーにゴルフのうまい人が多いのです。

さて、それはなぜなのかと考えてみたら、野球にはファウルがあって、バッターは打ち直せます。でもゴルフの場合、ファウルはOB。打ち直しはできません。ファウルした瞬間にアウトのようなものです。そこら辺の繊細なコントロールはバッターにはありません。逆にピッチャーがなぜうまいかというと、プロともなれば豪速球よりは、むしろ針の穴を通すようなコントロールが必要です。そのコントロールには、離れた場所にあるゴミ箱にポンと投げてゴミを入れる、みたいな(?)距離感のようなものも備わっている。そういう感覚は、たぶんバッターよりピッチャーのほうがたくさん知っていると思うんです。

それにバッターは、まずパワーが第一ですが、ピッチャーは「フォーム」というものにもかなり縛られています。どのタイミングでひじが出るか、軸がホームのほうにきちんと向いているかなど、チェックポイントがいっぱいあるところを、ものすごくきっちりと守って投げている。つまりピッチャーのほうがバッターより基本的なことをよく守る人たちだと思います。おしなべてゴルフというのは、自分の動きやすい動作を殺して基本の動きを素直に受け入れる人が、うまくなるんじゃないかって最近あらためて思いました。

そうして考えてみると、やはり僕は人の言うことを聞かないし、どちらかというとパワー派。パワーに頼っているうちは、まだまだダメですね。おそらく70歳くらいを過ぎて力がなくなってきたら、もしかしたらすごいスコアが出るかもしれません(笑)。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。