日本アイ・ビー・エム

高度な分析処理が、無料で、簡単に!

本格的なデータ分析経験のない経営企画部員が
「IBM Watson Analytics」を試してみた

受注実績を分析して業績アップに活かしたい―― どこの会社でも考えることだろう。しかしどこの会社にもデータ分析の専門家がいるとは限らない。日頃の経験と勘に頼って“何となくの傾向をつかんでいる”人も多いのではないだろうか。そんなデータ分析の専門知識を持たない人にも、高度な分析処理を可能にさせるサービスがあるのをご存じだろうか。それが「IBM Watson Analytics」である。

統計の専門知識がなくても簡単にデータ分析ができる!?

池田さんは自動車製品の販売会社A社の経営企画部員だ。A社は最近海外進出を積極的に進めており、米国支社を設立し、全米で販売網を築いている。しかし競合も多く、引き合いがあったからと言って必ずしも受注に結び付くとは限らない。そのため池田さんに、米国支社の最近の受注実績をもとに、米国支社の売り上げをアップさせるための施策を考えよとのミッションが上司である馬場部長から下った。

とは言え、最近他の部署から異動してきたばかりの池田さんは、日常的にパソコンこそ使っているものの、データ分析の専門家ではなく、統計に関する専門的知識もない。馬場部長から与えられたデータには、受注の成功・失敗の結果に加え、引き合いのあった地域やサプライヤーの種別、競合の有無などのデータが細かく掲載されていたが、どんな傾向があるのかさっぱりわからなかった。

統計解析ツールの勉強を本格的にしなければならないのだろうか・・・。池田さんが途方に暮れていると、話を聞きつけた同僚の水野さんが訪ねてきた。水野さんは経営企画部きってのIT通として知られた人だ。最新のソフトの動向などにも詳しい。

「池田さん、今から専門知識を習得しようというのも大変でしょう。IBM Watson Analyticsというサービスがあって、これを使えば専門知識がなくても簡単にデータ分析ができてしまうんです」

「Watson? どこかで聞いたことがある・・・そうそう、数年前に米国のクイズ番組で話題になりましたよね?」

「Watsonは、人との自然な対話を通じてコンピュータが学習し、人の意思決定をサポートする仕組みです。Watson AnalyticsはそんなWatsonの技術をデータ分析に応用したもので、人がデータ分析作業をしなくても、データから見えてくる傾向を教えてくれるんです。クラウドサービスなのでPCにソフトウェアをインストールする必要はないし、お試し版が利用できるので、池田さんも気軽に使ってみてください」

分析したいデータをアップロードするだけ

水野さんに勧められるまま、「IBM Watson Analytics」を使ってみることにした池田さん。まずは試してみようと、池田さんは教えてもらったページにアクセスし、「IBM Watson Analytics」のお試し版を利用するための登録を済ませた。

このお試し版に登録すれば、最初の30日間は無料で本来は有償のProfessional版が利用できる。CSVファイルやExcelファイルの他、クラウド上のデータソースや、各種リレーショナル・データベース等さまざまなデータソースに対応しているという。取得したID/パスワードを使ってサインインすると、Watson AnalyticsのTopページが表示される。ここには以下の3つの機能が左から並んでいる(図1)。

「Data」・・・データの内容や性質を確認する機能
 「Discover」・・・データの特性を分析したり、そのデータに影響を及ぼす要因を予測したりする機能
 「Display」・・・分析したデータをファイルに出力したり共有したりする機能 

図1IBM Watson AnalyticsのTopページ

次ページまずはデータをアップロード