わが子を英語ができるように育てるには(中)

家庭で実践する英語教育ヒント集

教育が、長期的な経済力に大きな影響を与えることは言うまでもない。日本の教育全般は世界でも高い水準を維持している。しかし、英語教育だけはグローバル化の要請に応えることができていない。このまま英語教育を放置すれば、今後の経済に大きなマイナスとなることは確実である。
英語教育の改革をどんどん進め、若者の英語力を高めているアジア諸国に追いつくにはどうすれば良いのか。国家的な問題としての英語教育を考え、具体的かつ即効性のある改善策を模索する。それがこの連載「英語教育2.0」のコンセプトである。
中学校からが、英語習得のために一番大切な時期になる(撮影:尾形文繁)※写真と本文は直接関係ありません

音による訓練を徹底しよう

こんにちは、安河内哲也です。今回も前回に引き続き、家庭内でどのような英語教育の方針を構築し実践すれば、わが子が英語ができるようになるのか、というお話をしたいと思います。

前回は、まず英語ができるようになるためには、文法や発音などのルールを学んで理解したら、その英文が一瞬で口をついて出てくるようになるまで、ネイティブの音声をリピーティング、シャドウイング、音読、暗唱する反復練習が重要であると述べました。ルールを学んだだけでは言語は操れるようにはならないので、実際に口に出し自動化する練習を積んでいく必要があるわけです。しかし、残念ながら日本の中・高、そして塾、予備校の英語教育では、この反復練習が大きく欠けてしまっていることが多いのです。

結果、英語をコミュニケーションツールとして使いこなせない英語難民が数多く生み出されてしまっているのが現状です。しかし、日本の英語教育を受けてきた人の中でも、20歳ぐらいで英語が堪能になる人も、ごくわずかながら存在します。そんな超少数派の人たちに私が見いだす共通点が1つあります。それは、彼らの両親が英語に堪能、または大きな関心を持っていて、彼らが子供の頃から、一般の英語教育に流されず、一貫したアプローチで英語に触れさせているという点です。

どこが独自かというと、ずばり学校教育に欠けがちな、音声を用いた訓練を重視している部分です。学校で教えられるルールに加えて、リピーティング、ディクテーション、音読などの言語を自動化するための訓練を徹底的にやるわけです。

私自身は、浪人時代や大学の英語学科時代に、音読やディクテーションなどを重視した教育を受けたことで、崖っ縁で、何とか英語難民を脱却できました。しかし、私に訪れた幸運が、皆さんのお子さんに訪れるかどうかはわかりません。

ですから、親が司令塔となり、どんな英語教育を選択し、小・中・高・大という日本の教育システムを通じて英語ができる子を育てていく必要性が出てきます。だいぶはしょりましたが、ここまでが前回の要約です。

次ページ小学生までは、楽しさ第一
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
アップルペイ上陸!<br>電子決済に激震

9月16日に発売されたiPhone 7で注目されるのは、決済サービス「アップルペイ」。FeliCa搭載の日本独自仕様端末を投入してきた。電子決済市場がにわかにざわつき始めている。

  • 新刊
  • ランキング