キャメロン英首相、10月までに辞任する意向

保守党の年次会合までに新首相を選出すべき

 6月24日、英国のキャメロン首相は、国民投票でEU離脱が多数となったことを受け、10月までに辞任する意向を示した。首相官邸前で撮影(2016年 ロイター/Phil Noble)

[ロンドン 24日 ロイター] - 英国のキャメロン首相は、国民投票で欧州連合(EU)離脱が多数となったことを受け、10月までに辞任する意向を示した。

首相官邸前で記者団に対し述べた。

首相は、涙をこらえながら「わが国を次の目的地に導く船長役は、私にはふさわしくないと考えている」と発言。10月の保守党の年次会合までに新首相を選出すべきだとの認識を示した。

「安定期間を設けた上で、必要な新たなリーダーを選出することが国益にかなうと信じている」とも発言。「新しい首相が、いつEU脱退手続きを開始するかを決めるのが適切だ」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。