ビームス、UAが揃って「日本推し」に傾く事情

個性なきセレクトショップは世界で勝てない

ユナイテッドアローズとビームスが「日本」をテーマにした店をオープン。その背景とは?

パリコレでもミラノコレでもジャポニズムというテーマはこのところ年々増え続けているように思える。柔道着から発想したラップスタイル、日本の中学校の体操着のようなジャージーファッションなどを見るたびに微笑ましくなる。

しかし、日本のファッション誌やセレクトショップで海外のジャポニズムがトレンドとして大きくとりあげられることはまずない。「日本人にジャポニズムを提案してどうするんですか?」という冷笑が聞こえてくる。要するに、外国人が考える日本は、日本人には興味の対象にはならないのである。

なぜ今“Japan”がそれほどプッシュされる

当記事はByron(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

一方で“Made in Japan”にこだわった、あるいは“日本の確かな職人芸”を前面に出した品揃えをキャッチフレーズにする店が増えている。ファッションの分野でも、そうしたセレクトショップや売り場が見られるようになった。

なぜ今“Japan”がそれほどプッシュされるのだろうか。

4月にも、日本を代表するセレクトショップであるユナイテッドアローズとビームスが「日本」をテーマにした店をオープンした。

ユナイテッドアローズの創業者で現在名誉会長の重松理(しげまつおさむ/66歳)氏は2012年に代表取締役社長のポストを現在の竹田光広氏に譲り、第一線からは退いた。

もともと日本的な精神美や日本文化にも関心の高かった人物であり、そもそも社名のユナイテッドアローズは、戦国時代の武将である毛利元就が家督を3人の子供に譲る時に、1本の矢ならすぐに折れるが、3本(重松氏を含め創業者は3人)重ねれば簡単には折れないように力を合わせて事にあたれと諭した故事に由来する。

次ページ「和好み」の集大成?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。