米スニーカー専門クリーニング店のすごい技

泥んこ、血だらけのスニーカーも元通りに!

SCTマネジャーのジョンマーク・フランシスコは、ひどい状態で持ち込まれたスニーカーの話をしてくれた。血で真っ赤に染まったア・ベイシング・エイプの「ベイプ」だ。

「ちょっとついているなんてものではなく、びっしょり染まっていた。その男性客は独立記念日の花火で自分の手を吹き飛ばしそうになったんだ」と、フランシスコは言う。それでも、丁寧に洗い、磨くと、「スニーカーはほぼ新品のようになった。彼はすごく喜んだ」

これまで1万5000足をクリーニング

ショップで提供するのは、10~15ドル(材質による)の「クラシッククリーン」、23~28ドルの「ディープクリーン」、さらに消臭に加えて靴紐、インソール、裏張りまでトータルにケアをする65ドル~の「パープル・レイベル・ディテール」だ。スタンダードのコースで仕上がりまで3日かかる。

こうしたサービスを受けるには、これまではロサンゼルスのダウンタウンまで足を運ぶしかなかったが、ジェイソン・マークは6月18日、ニューヨーク市内のスニーカーショップ「フットアクション」内に期間限定のショップをオープンした(6月28日まで)。

ロサンゼルス店の様子をからすれば、ニューヨークのショップも繁盛するだろう。マークたちはこれまで1万5000足以上のスニーカーをケアしてきた。取材中も、ランチタイムに若い女性が2足のスニーカーを持ってやってきた。

1足はナイキのエアマックス・ファースト。対応したSCTのジャスティン・ファミラーレがプロの目でチェックする。よくある靴底の汚れが見られた。

もう1足はナイキのローシで、まだ新しいが白のカラーだ。「すごく履き心地がいい」と客のメーガン・ワーデンは言う。「でも汚れがすごく目立つ。白い靴の宿命ね」

次ページ何が顧客の心をくすぐったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。