選挙運動がネット上で できるよう法改正すべきですか?

東洋経済1000人意識調査

56.6%が「法改正すべき」

今回の衆議院選挙ではインターネットを使った選挙運動の解禁が見送られたが、実際にはネット上に街頭演説の動画や応援コメントがあふれた。今後はネットを使った選挙運動ができるよう法改正すべきか。56.6%が「法改正すべき」と答えた。

今回の衆議院選挙では、インターネットを使った選挙運動の解禁が見送られましたが、実際はネット上に街頭演説の動画投稿や支援者の応援コメントなどがあふれていました。

今後、ネットを使った選挙運動ができるよう法改正すべきでしょうか。

(編集部 =週刊東洋経済 2012年12月29日-1月5日 新春合併特大号)
記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。