専門学校特集

知名度の背景は「美道」と学び

山野美容専門学校

1934年に創立された創業82年の「山野美容専門学校」。多くの人がその名を知る、美容のスペシャリストを養成するパイオニアである。2007年には、東京・代々木に同校のビルが新設され、新しいランドマークとして話題になった。卒業生のなかには、有名サロンのオーナーも数多く名を連ね、今日の美容業界をリードしている。
同校の名を広く知らしめたのは技術だけではない学びの質にある。そして社会の超高齢化が進む現在、美容業界のリーダーとして新たな試みにもチャレンジしているようだ。業界のマンモス校の中身に迫る。
学校法人 山野学苑 山野美容専門学校 東京都渋谷区代々木1-53-1
◎学部・コース 専門課程(昼)、高等課程(夜)、通信課程◎在校生数 2022名(通信課程含む・2016年6月) ◎主な就職先(2016年3月卒) ACQUA・AFLOAT・air・AKROS・Ash・BEAUTRIUM・Belle・Bloc・GARDEN・LIPPS・MARIS・MINX・NORA・Noz・OCEAN TOKYO・OOO YY・SHIMA・THE OVERSEA・TONI&GUY・uka・U-REALM・エルセーヌ・コーセ-化粧品(株)・DADA CuBiC・Double・Kakimoto arms・KENJE GROUP・koti BY broocH・pizzicato・ソシエワールド・遠藤波津子美容室・日本ロレアル(株)・山崎伊久江美容室 その他多数

情熱と美道5大原則

「山野美容専門学校」の歴史は、1934年にさかのぼる。そして戦後間もない1950年に、厚生大臣認定の美容師養成学校として正式に始動。創業以来82年間、独自の「美道5大原則」をかかげて美容業界をリードしてきた。

これまでの卒業生は21万人以上。カリスマ美容師として知られる野沢道生さん、宮村浩気さん、また、有名サロン「SHIMA」代表の嶋義憲さんといった美容界のリーダーを数多く輩出している。

2012年には、国内のみならず、世界の美容界に優秀な人材を送り続けてきた功績がたたえられ、「ベスト・ワールド・アカデミー賞」が授与された。これはパリにある、世界中の著名な美容家を会員にもつ組織、ICD「世界美容家協会」によるアワードで、世界でもっとも優れた美容学校に贈られるものである。

冒頭上述した「美道5大原則」とは、初代校長で創始者の美容家山野愛子さんが提唱した同校のDNAである。「髪、顔、装い、精神美、健康美」をベースに技術と心を伝える教育理念だ。こうした理念には、基礎的な技術の習得だけでなく、特色ある取り組みに盛り込まれている。

まず、カリキュラムの第一歩として、「精神美」をみがくための授業。それぞれの世界で道を極めてきた人には、成功する以前にかならず初心があり、挫折をくりかえし、乗り越えている。そうしたことを講師とのディスカッションやグループワークでじっくり学んでいく。

おもしろいのは、あえて担当講師に美容界とは関係ないジャンルの人も起用している点。たとえば、ピエロの格好で癒やしを与えて理想のケアを追い求める、ケアリングクラウンが講師であったり、有名ラーメン店「なんつッ亭」オーナーもそうだ。ほかにも、毎年レーシングドライバーを特別講師として迎え、自分に負けないための授業を実施して話題となった。

さらに、新しい授業スタイルとして、「プロの精神」を根底から学ぶカリキュラムも用意されている。これは、教室をサロンに見立てて、自分たちが学ぶ技術が、実際にサロンでどのように生かされるのかを学ぶもの。トップサロンのスタイリストのアイデアから生まれた授業で、サロンが実際に行なう新人教育の一部などを取り入れている。こうした授業により、現場の厳しさとやりがいを知り、就職後にサロンで実践できるようトレーニングしていく。

このマインドや情熱を教える授業スタイルは学生からの支持も厚く、満足度も、95.9%と高い。

時代を見据えた特別な学び

同校には今、特筆すべき独自カリキュラムがある。超高齢社会に向けた「現代ジェロントロジー」である。これは、超高齢社会を楽しく、豊かなものにするために生まれた新しい学問分野だ。

このジェロントロジーの世界的な権威とされるのが、アメリカ・南カリフォルニア大学(USC)で、同校は2011年にUSCと提携し、オンラインコースを新設。必修カリキュラムとして、タブレットで場所を選ばず学べるeラーニング教育「スカイキャンパス(R)」をスタートした。各年代の美しさを理解し、美しく豊かに年を重ねるにはどうしたらいいか?ということを学ぶ新しい試みだ。

学校法人山野学苑 総長 山野正義氏
山野美容専門学校創立をはじめ、日本の美容の礎を築いた功績は大きい。現在、ジェロントロジーの分野に注力している。

国内でジェロントロジーを本格的に扱う教育機関は、東京大学以外には同校しかない。さまざまな美容関連の資格取得の対策があるほか、上述したUSCの特別プログラム「現代ジェロントロジー修了」の資格が得られる希少性は非常に高いと言えるだろう。

これと並行して、現在、全国で需要が高まっているのが、介助の知識や技術を持った美容師だ。同校では、「美容福祉」の授業も必修カリキュラムとなっている。福祉の現場をシミュレーションした授業を通じ、これからの超高齢社会で活躍できる人材育成に力を入れている。

入学後すぐにスタートする就職活動についても、長い歴史のなかで、美容界にさまざまな卒業生を送りだしている同校のメリットは大きい。それは、1200社、12000人以上という圧倒的な求人数の多さにも見てとれる。ほかにも、就職ガイダンスとして、年間200社以上のサロンが同校のためだけに説明会を実施するなど、一人一人にふさわしい就職先が見つかる環境が整っている。

同校が未来に育てたい人材は、これからの超高齢社会で活躍し、社会貢献できる、オンリーワンで個性豊かな美容界のリーダー。美容の道を目指す人ならば、美容業界のパイオニアが見据える業界の未来について、ぜひ注目するべきだろう。

 

 

お問い合わせ
山野美容専門学校
入試広報課
東京都渋谷区代々木1-53-1
 03-3379-0128
 nyushi@yamano-bc.jp
 http://www.yamano-bc.jp/

専門学校特集

~濃密な時間がスペシャリストたちを生む~