盗難された五輪メダル、6歳の少女が発見

家族と散歩中に林のなかで

 6月20日、1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさんが獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。写真は返却されたメダルを見せるヤコビさん。ヤコビさん提供(2016年 ロイター)

[アトランタ 20日 ロイター] - 1992年バルセロナ五輪のカヌー競技で米国出身のジョー・ヤコビさん(46)が獲得した金メダルが今月車から盗まれた事件で、メダルが6歳の少女に発見され、返却されたことが分かった。本人が明らかにした。

少女は18日、家族と散歩中に林のなかでメダルを発見。ヤコビ氏が盗難後に開設したウェブサイトに家族がアクセスし、返却に至ったという。

ヤコビ氏は電話インタビューで、メダルはベース部分が失われていたが、ほぼ無傷だったと述べた。修理も可能だが、ヤコビ氏は盗難と発見の物語を心にとどめるため、このままにしておくかもしれないと語った。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。