ヒトゲノム合成「10カ年計画」は"陰謀"なのか

人間のカスタムデザイン化が現実のものに?

ヒトゲノム合成計画とは?(写真:Halfpoint / PIXTA)

生命工学における最先端の研究プロジェクトが密かに話し合われていたなんて、まるで秘密結社が暗躍するSF映画のワンシーンだ。

そんな話し合いが行われていたことが、6月2日に発表されて明らかにされた。なんと、ヒトゲノムの合成を目指す10カ年計画が話し合われていたというのだ。

これ、陰謀なのか、単なる科学者たちのカンファレンスだったのか。

密かに行われたカンファレンスの意味

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

このヒトのDNAを人工的に合成するというこのプロジェクトは、まだ先の話ではなく、年内にもスタートする見通しだという。

このヒトゲノム合成計画は、25人の著名な科学者たちが発起人として連名して発表された。将来的には人のゲノム、つまり全遺伝子情報を、30億対の塩基の化学成分から合成してDNAを作りだし、細胞の中で機能させるのだという。

その名も「Human Genome Project-Write」。まずは1億ドルの資金からスタートする。

次ページ参加者には箝口令が敷かれた理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。