「トランプ氏殺害、1年にわたって考えていた」

ネバダ州集会で逮捕された19歳が供述

 6月20日、米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏(写真)がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。同集会で18日撮影(2016年 ロイター/David Becker)

[20日 ロイター] - 米大統領選で共和党候補指名が確定した実業家のドナルド・トランプ氏がネバダ州ラスベガスで開催した集会で18日、19歳の男が警察官の銃を奪おうとしたとして逮捕された。20日に同州の裁判所に提出された文書によると、男はトランプ氏を銃撃しようとしていたと供述した。

ラスベガス警察は、男の身柄はシークレット・サービスに引き渡されたと明らかにした。

文書によると、男はシークレット・サービスの捜査官に対し、トランプ氏を銃撃する目的でカリフォルニア州からラスベガスに向かったと述べた。トランプ氏の殺害を約1年間にわたり考えていたとしている。

また男は英国の運転免許証を所持しており、米国には1年半滞在していると供述。国籍は明らかにされていないが、米国入国後はニュージャージー州ホーボーケンに居住していたという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。