最新の「排塩メシ」をコンビニで実現する方法

欧米で話題「DASH食」を日常に取り入れるには

塩分は摂取量だけでなく排出量にも気を配ってみてください(写真:yganko / PIXTA)

近年、欧米の医療現場で活用されている「DASH食」をご存じですか? 低脂肪食を中心に、塩分排出効果のある食物繊維やミネラルの摂取を重視するなど、食材の特徴を生かした食べ方です。

高血圧を改善する目的で組まれている食事法ですが、高血圧に限らず、人間に必要な栄養分が効率よく摂取できる、理想的なメソッド。健康、美容の面でも役立てられるかもしれません。

「塩分摂取量を減らす」だけでは不十分?

この連載の記事一覧はこちら

アメリカ国立衛生研究所における高血圧改善の研究で、臨床試験などでも成果を上げている「DASH食」。DASHは"Dietary Approaches to Stop Hypertension"の略で、直訳すると「高血圧を防ぐための食事方法」です。

食の欧米化に伴い、日本でも高カロリー、高脂肪の食習慣が定着したため、近年、DASH食は日本の医療機関でも取り入れられるようになっています。

高血圧はいまや日本の「国民病」と呼ばれるほど罹患者が増え続けており、高齢者はもとより、若年層のビジネスパーソンも決して他人事ではありません。

高血圧予防と聞いてまず思いつくのは「塩分」ですよね。ただ実際、どのメニューにどれだけの塩分(ナトリウム)が入っているのか、食品パッケージに表示されていたとしても、大抵の人々が見ていないか、そもそも基準値を知らないのが現状でしょう。

ちなみに「日本人の食事摂取基準2015」では、1日の食塩摂取の目安量は、男性(12歳以上)8.0g未満、女性(10歳以上)7.0g未満。しかし国民健康・栄養調査結果(2014年)では、平均量が男性10.9g、女性9.2gと基準値を上回っています。

次ページ効率よく「排出する」食事も併用しよう!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。