副業の王道、「賃貸住宅経営」に潜む落とし穴

いつ爆発するかわからない時限爆弾だ

甘く考えていると痛い目に遭います(写真:KY / PIXTA(ピクスタ)
株の世界の格言に「卵は一つの籠に盛るな」というのがあります。財産を一つにするといざといういうときに耐えられないということですが、このリスクの分散は財産だけではなく収入源にもいえます。不確実な今の時代、たとえわずかな副収入でもあるのとないのとでは大違い、備えあれば憂いなしです。
サラリーマンにとっての最大のリスクマネジメントは副収入を得られる仕組みをつくること。この連載では『知っている人だけが儲かる コインランドリーの投資のすすめ』より、初心者でもリスクなく始められる投資術をご紹介します。今回は、見た目ほど実は儲かっていない副業について。

副業の王道、アパート・マンション経営の落とし穴

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

アパートや賃貸マンションの家賃収入で優雅な生活、これがつい最近までの副業の主な花形でした。バブルの崩壊までは不動産価値も上がり続け、資産運用と副収入確保が同時にできたのです。特に親から受け継いだ不動産を所有する人たちにとって、相続税対策も兼ねることができたのですから、これほど美味しい商売はありません。

他にも、住宅ローンで分譲マンションを買い、自分はアパートで暮らしながら、所有物件は人に貸して副収入を得るなどということもできました。1軒、また1軒と分譲マンションを買い足し、単身ながら億単位の価値を持つ不動産を所有した女性もいます。誰もが土地神話に疑いを持つことなく、堅実な副業として不動産の所有と運用を考えていたのです。

次ページアパマン経営が儲からない理由
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。