ベゾス宇宙船、4度目の打ち上げ・着陸に成功

有人宇宙旅行の実現へ着実な前進

6月19日、ジェフ・ベゾスは宇宙輸送会社「ブルーオリジン」が6人の乗客を運ぶことができる弾道(サブオービタル)ロケット「ニュー・シェパード」の打ち上げに成功したことを明らかにした。同一の機体は昨年11月と今年1月、4月にも飛行している。つまり4回目となる今回の飛行は、3回目の再使用機による飛行だ。

ブルーオリジンはニュー・シェパードの先端に搭載された無人の「クルー・カプセル」のパラシュートを一部展開させない状態で着陸する試験も実施。ベゾスはTwitterで「ミッション成功」と宣言した。

ブルーオリジンは、来年には有人テスト飛行を行い、早ければ2018年に有料で一般の乗客を宇宙空間に運ぶ予定だ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。