英タイムズ紙、紙面で「EU残留」を支持

改革に向け残留した方が望ましい

 6月17日、英タイムズ紙は18日付1面でEU残留を支持する記事を掲載することが分かった。写真は16日、マンチェスターで行われた残留支持イベントの出席者(2016年 ロイター/Phil Noble) *18日配信の記事で、写真を差し替えて再送します。

[ロンドン 17日 ロイター] - 英タイムズ紙は18日付1面で欧州連合(EU)残留を支持する記事を掲載することが、電子メール版で明らかとなった。

それによると「なぜ残留が英国に最善か」と題する記事で「総じてはわれわれはEUを離脱するよりも、改革に向け残留した方が望ましいと信じる」とした。

13日には大衆紙サンがEU離脱への支持を表明している。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。