「この5年でガッツリ稼いだ会社」ランキング

トップ3はNTT、NTTドコモ、JR東海

NTTグループ中核のドコモは毎年巨額のキャッシュを稼いでいる(撮影:梅谷秀司)

「稼ぐ力」を測る指標はさまざまなものがある。その中でも会社が「自由に使える現金をどれだけ稼いだか」を表したものがフリーキャッシュフロー(CF)だ。

フリーCFは、通常の営業活動から生じた現金収支を表す営業CFと、資産の取得や売却によって生じた現金収支である投資CFを足すことで算出する。経常利益や純利益といった損益計算書(PL)の利益は減価償却費やのれん代、税金など見積もりによって変動する部分が多い。

「積極的な投資をしていない会社」が上位に

一方、CFは単純な現金の出入りを表している。すなわち、フリーCFは余剰資金であり、借入金の返済や株主への配当の支払いに充当することができる。経常利益が赤字であっても、フリーCFで見れば黒字のケースもある。逆に利益水準がどれだけ高くても、CFの赤字が続き現金が尽きれば、会社は倒産する。また、積極的に設備投資やM&Aを行った場合、営業CFを投資CFが上回り、フリーCFはマイナスになる。経常利益に比べて、変動幅が大きいという点には注意が必要だ。

今回、過去5決算期におけるフリーCFの平均金額をランキングにした。1位にNTT、2位にNTTドコモとNTTグループがトップ2を独占した。NTTのフリーCFは5年平均で6622億円にもおよぶ。中核子会社であるドコモが携帯電話を強固な収益基盤として、毎年巨額の資金を稼ぎ出していることがわかる。

次ページ3位にはJR東海
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。