EU残留派の英女性議員、銃撃され死亡 国民投票控え衝撃広がる

集会準備中に、国民投票はどうなるのか

6月16日、英国ウェスト・ヨークシャー州リーズ市近郊で野党・労働党のジョー・コックス議員(41)が来週に迫ったEU離脱の是非を問う国民投票をめぐる集会の準備中に銃で撃たれ、重体となった。写真は2015年5月、ウエストミンスターで微笑むジョー・コックス議員(2016年 ロイター/Yui Mok/Press Association/Handout)

[バーストール(英国)/ロンドン 16日 ロイター] - 英国のウェスト・ヨークシャー州リーズ市近郊で16日、欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票をめぐる集会の準備中に、野党・労働党の女性議員ジョー・コックス氏(41)が銃で撃たれ死亡した。英警察当局が明らかにした。

EU離脱の是非を問う23日の国民投票を一週間後に控えた英国では、事件の衝撃が広がっており、離脱派、残留派はともに同日の活動を中止した。

コックス議員はEU残留を支持していた。現地の報道によると、集会準備中に男性2人がもみ合いになり、コックス議員が仲裁。男性のうち1人が持っていたバッグから拳銃を取り出し2発発射した。議員は銃撃を受けた他、刺されたと報じられている。

地元警察によると、近くにいた警察官が52歳の男を逮捕し、拳銃を含む武器を押収。現時点では動機について語れる状況にはないという。

目撃者は銃撃犯は極右団体の名称である「ブリテン・ファースト(英国第一)」と叫んだとしている。

「女性がまるでビーチにいるかのように、腕をまっすぐ伸ばし、ひざを立てたまま、顔中血だらけで床に横たわっていた」と目撃者は語った。「彼女はどんな音も発していなかったが、明らかに苦しんでいた」

<「偉大なスターを失った」>

労働党のジェレミー・コービン党首はツイッターを通して「コックス議員の襲撃に衝撃を受けている」とコメントした。

キャメロン首相も声明で、コックス議員は寛大な心を持った情熱あふれる議員だったとし、「われわれは偉大なスターを失った」と同議員の死を悼んだ。

コックス議員の夫、ブレンダン氏は「妻は、何よりも2つのことが起こることを望んでいるだろう。1つは私たちの大切な子どもたちに愛が注がれている。2つ目は、彼女を殺した憎むべきものに対し、みんなで団結して戦っていくことだ」と述べた。

また、「ブリテン・ファースト」の幹部、ジェイダ・フランセン氏は、「ブリテン・ファースト」は離脱支持者の間でスローガンとして一般的に使われているフレーズとの認識を示し、事件を非難した。

英国の世論を二分している国民投票に対して、この事件がどう影響を与えるかはまだ分からないが、一部のアナリストは、EU残留派を勢いづかせる可能性があると予想する。EU残留派はここ数日間、世論調査でEU離脱派にリードを広げられていた。

*情報を追加しました。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。