米医療機器メーカー日本法人が68歳定年制導入

有給休暇がっちり取得で表彰も!

2013年4月の法改正で企業に65歳までの雇用が義務付けられるのを前に、定年の年齢を一気に68歳へ引き上げる動きが出てきた。

米医療機器メーカー、クックメディカルの日本法人であるクックジャパンが13年から定年年齢を見直し、従来の63歳に代わって「68歳定年制」を導入することがわかった。現在200名を超えるすべての役職員が対象。見直しの理由についてクックジャパンの矢込和彦社長は「従業員が安心して仕事のできる環境を作りたい」などと話している。

東京・渋谷のレストランで開かれた12年末の納会。矢込社長は今年はシェフに扮し社員をもてなした

多くの会社が採用している再雇用制度とは異なり、68歳の定年まで同一の賃金体系が適用される。このため、定年年齢の引き上げに伴う人件費増が見込まれるが、賃金の推移などに関するシミュレーションは一切行わなかったという。「非上場会社だからできることであり、損得勘定は考慮しない」(矢込社長)。

日本法人の設立は2004年と歴史が浅く、これまでの採用は経験者が中心だ。日本での事業が軌道に乗ってきたことで、「14年には新卒者も採用したい」(同)意向だ。

「米国本社では親子3代に渡って働いているケースもある」(同)。21日に開かれた年末の納会では、有給休暇の取得日数が最も多かった品質管理担当の女性社員が表彰される場面もあった。

同社員の有休付与日数に対する取得日数の割合を示す有休消化率は65%に達する。「従業員にやさしい企業」というイメージを訴求することで、優秀な人材の確保などにもつなげたい考えだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。