熊本地震復旧へ予備費590億円を執行

自衛隊装備品の復旧など柱に

6月14日、政府は熊本地震の復旧・復興に向けた7000億円の予備費のうち計590億円の執行を決めた。写真は救援物資を運ぶ自衛隊員。4月撮影(2016年 ロイター)

[東京 14日 ロイター] - 政府は14日の閣議で、熊本地震の復旧・復興に向けた7000億円の予備費のうち計590億円の執行を決めた。自衛隊施設・装備品の復旧経費として469億円を措置したほか、国道57号の復旧や地滑り対策に111億円、治山事業・森林整備事業などに10億円を充てる。予備費の執行は5月末から始まり、今回で金額は計約1613億円となった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。