高級化に舵、東急不が住宅ブランド再構築

第1弾は社長や医師が照準

認知度で競合他社に後れを取ってきたブランドイメージを立て直せるか――。

東急不動産は12月20日、自社で展開する分譲住宅ブランド「BRANZ(ブランズ)」のコンセプトを再構築すると発表。新コンセプトの第1号物件となる「ブランズ四番町」(写真、完成予想図)の詳細も併せて公表した。

ブランドへの認知度向上を狙う

来年2013年1月から展開するブランズの新コンセプトは「人生を極める住まい」。

ブランズに住むことで居住者の日常や人生をより高みにいざなう、という意味が込められている。年明け以降、テレビCMなどへの露出を増やすほか、商品企画や販売センターの演出に関する要件の整備、会員組織向けの施策拡充などによって、ブランドに対する認知度やイメージを向上させたい考えだ。

東急不動産は05年まで自社の分譲住宅をアルス、プレステージ、クオリア、シーサイドコートという4ブランドで展開してきた。そこから06年にはアルスをブランズに変更、09年にはブランズのブランドを再構築、10年には4ブランドをブランズに集約するなど、数年おきにテコ入れを実施してきた。

次ページ会社役員、医師などから問い合わせ2500件
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。