巨額詐欺騒動に新事実 リーマン幹部も出資

巨額詐欺騒動に新事実 リーマン幹部も出資

病院再生会社「アスクレピオス」の破綻を機に発覚した巨額詐欺騒動で、新たな事実が判明した。321億円が回収不能となったリーマン・ブラザーズ証券の担当幹部が、同様の投資スキームに個人でも出資していたことが明らかになったのだ。場合によっては利益相反行為に当たり、「リーマン=一方的被害企業」という構図が修正を迫られる可能性もある。

リーマンが丸紅を相手取った民事裁判の訴状によると、問題の幹部はメリルリンチ証券などを経て昨年7月にリーマン入社、法人営業本部事業法人部のシニアバイスプレジデントに就任した。翌月からアスク社と協議を開始、10月29日から11月26日のわずか1カ月弱の間に、5回にわたり計371億円もの投資を実行した(50億円は回収済み)。

3年前から個人会社

一方、アスク社の破産申立書によると、匿名組合預り金の債権者一覧表に「(有)インテルウィット取締役」とあり、問題の幹部の氏名が並記されている。金額は6000万円で、個人としては大金。インテル社は2005年3月に設立され、本店住所は東京・本駒込にある幹部の自宅マンションと同じ。取締役は幹部本人と家族の2人だけ。目的欄には投資コンサルティング業務などが掲げられているが、営業実態はよくわからない。

アスク社の元社長と問題の幹部とは以前から親交があったようだ。アスク社と丸紅の元課長が中心となって組成した疑惑の投資スキームに、どの時点で個人出資したかは不明だが、結果は焦げ付いた格好。ただし、個人出資の傍らで、会社の資金を引っ張り込んだのなら、問題は重大だ。

関係者によると、昨年初めに5億円を出資したある上場企業は、丸紅が“支払い保証”するとした問題の投資スキームのいかがわしさに気づき、半年で解約した。書類に記載された病院名は架空で、印影も真正なものとは異なっていた。個人出資していたリーマン幹部が、そうした厳正な目を持ちえたかは疑問だ。幹部の振る舞いは利益相反行為に当たる可能性すらある。

はたしてリーマンは個人出資の事実について知っていたのか。社内ルール違反はなかったのか。広報部からは「係争中でもあり、一つひとつについては答えられない」との回答だけが返ってきた。
(高橋篤史 =週刊東洋経済)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。