NECが新型ウルトラブックに込めた自信

A4サイズで世界最薄、年末商戦を外して勝負

A4サイズで世界最薄――。

NECパーソナルコンピュータは12月18日、液晶画面が15.6型(A4サイズ)で薄さ12.8mmと、同クラスで世界最薄(同社発表)となるウルトラブック「LaVie X」を発表した。店頭での想定価格は17万5000円程度で、12月27日に発売する。

ウルトラブックは、半導体大手インテルが推進するノートパソコン。厚さ21ミリメートル以下、重さ約1キログラム超と持ち運びに適していながら、5~8時間程度はバッテリーが持続するというモデルである。起動時間が数秒と短く、パソコンの心臓部に当たる中央演算処理装置(以下、CPU)はインテルの最新版を搭載しないとウルトラブックと認定されないため、処理能力も高い。

世界最軽量に続き「大画面で」薄く、軽いモデル

NECパーソナルコンピュータは、今年8月に13.3型で875gと世界最軽量のウルトラブック「LaVie Z」を発売しているが、次に取り組んだのは15.6型、ユーザーの「もう少し大きな画面で使いたい」というニーズに応えた格好だ。

「LaVie X」は「メインのマシンを持ち歩く」というのがコンセプト。非常に薄いため、カバンにかさばることなく収納できる。重量は1.59kgで国内最軽量、バッテリーも7時間稼動と長時間駆動を実現した。最新OS「Windows8」を搭載しているが、タッチパネルには対応していない。

「13.3型のLaVie Zと同様に、当初から世界一を狙ってやってきた」と話すのは商品企画本部の栗山浩一本部長。基板はそれぞれ薄いパーツを採用して設計し、キーボードも筐体と一体型のキーボードを採用したことで薄さを追求した。

次ページなぜ12月27日に発売?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。