トランプ氏、「メキシコ投資」めぐりGMを非難

キヤリアやナビスコもやり玉に

 6月7日、米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)を非難した。写真はサンノゼで2日撮影(2016年 ロイター/Lucy Nicholson)

[7日 ロイター] - 米大統領選挙で共和党の候補指名を確実にしたドナルド・トランプ氏は7日、メキシコに投資しているゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>を非難した。

このほか、フォード・モーター<F.N>を再び非難したほか、空調設備メーカーのキヤリア、食品メーカーのナビスコもやり玉に挙げた。

トランプ氏は自身が創設した「トランプ大学」をめぐる訴訟を担当する連邦地裁のメキシコ系判事に対する発言を釈明した声明の中で「私は米国に雇用を取り戻すために奮闘している。フォード、GM、ナビスコ、キヤリアといった多くの企業はメキシコに生産を移している。ドラッグや不法移民も国境を越えて流入している。これは全ての米国人にとって悪いことだ」とした。

トランプ氏陣営にGMを批判するに至った理由を尋ねたが、今のところコメントを得られていない。

GMの広報担当者はトランプ氏の批判に対するコメントを拒否した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。