ラルフ・ローレン、1000人削減・50店舗閉鎖へ

正社員の約8%に相当

6月7日、米アパレル大手のラルフ・ローレンは、約1000人を削減するとともに、50店舗を閉鎖すると明らかにした。フランクフルトで3月撮影(2016年 ロイター/KAI PFAFFENBACH)

[7日 ロイター] - 米アパレル大手のラルフ・ローレン<RL.N>は、約1000人を削減するとともに、50店舗を閉鎖すると明らかにした。年間1億8000万-2億2000万ドルの経費削減と売り上げ回復を目指す。

同社はまた、通年と第1・四半期の売上高が減少するとの見方を示し、株価は一時10%超急落した。

人員の削減規模は正社員のおよそ8%に相当するとしている。

4月2日時点で、直営店舗数は約493店。従業員数は約2万6000人で、正社員数は約1万5000人。

ラルフ・ローレンは、高級品の販売鈍化による打撃を受けているほか、下位ブランドの「ポロ」や「ローレン」はスウェーデンのへネス・アンド・マウリッツ(H&M)<HMb.ST>やスペインのインディテックス<ITX.MC>のザラなどとの競争が激化している。

店舗閉鎖などに伴い、今年度の純売上高は2ケタ台前半の落ち込みが予想されるとした。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。