ドル円が落ち着けば1万7000円台の値固めも

日本株は大きく振れる素地が整いつつある

弱含んだ円相場が支援材料となり、7日の日経平均は反発した

米雇用者数の伸びに急ブレーキが掛かった。米利上げ観測が遠のき、為替市場では1ドル106円台まで円高方向に振れた。ただ、日本株は意外にも底堅く、為替変動に対する円高抵抗力も見えつつある。米景気の先行きに新たな疑問が示された~イエレン米FRB議長は5月雇用統計の下振れについてこう言及した。5月の失業率は4.7%と、転職が多い米国では完全雇用の水準に迫る。ボリュームゾーンとなる小売業やサービス業での雇用者数を押し上げにくくなっている。

さらに同議長は、6月14~15日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ見送りを示唆、今後の利上げピッチに関しても「より緩やかに進める」と表明した。一方、米株式市場では緩和的な金融政策が当面続くとの見方から、米S&P500が年初来高値を更新している。

23日に英国では欧州連合(EU)離脱を問う国民投票が控えている。欧州にとどまらず世界経済にも重大な影響を与え、市場のムードが大きく変わることも考えられる。投資家がリスク回避に傾けば、さらに円買いの動きが強まりそうだ。今後は7月初旬に発表される米6月雇用統計が注目されよう。仮に米雇用に改善がみられた場合、追加利上げへの地ならしも進み、再びドル高に圧力がかかる流れもありそうだ。7月26~27日には米FOMCが開催される。

足元のドル円はダブルボトムを形成中

2015年のドル円のチャートをみると、3月の122円台(左肩)、6月の125円台(頭)、11月の123円台(右肩)と、三尊型天井(ヘッド&ショルダーズ・トップ)が浮かんでくる。8月の116円台はネックライン(円高への反転ポイント)と言われ、重要なサポートラインとして意識されていた。

しかし、2016年に入ると米利上げ観測が大きく後退、円高・ドル安が加速した。あっさりとネックライン116円台を下回り、三尊型天井が完成した。この場合、125円台(頭)から116円台(ネックライン)の振れ幅9~10円程度が円高方向へ反転するとされている。つまり、円高一服の目安として106円前後が挙げられる。

次ページネックラインは111円台
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。