松下幸之助の「水道哲学」は現代にも有効だ

商売をする者の使命とはなにか

いい物を安くたくさんつくるのが生産者の使命だ(撮影:高橋孫一郎)

商売をするものの使命はなにか。この世から貧をなくすことである、世の中を豊かにすることである。物の面から人びとを救うことである――その基本の考え方、松下幸之助の悟りはやがていわゆる「水道哲学」へと発展していく。産業人という点に絞って言えば、「いい物を安くたくさん」というのは松下にとって最も根幹となる基本理念の1つであった。

聖なる経営とは「水道の水」である

この連載の一覧はこちら

聖なる経営とはなにか。本当の経営とはなにか。そうだ、水道の水だ。通りすがりの人が水道の栓をひねって存分に水を飲んだとしても、その無作法を咎(とが)めることはあっても、水そのものを盗ったことは咎めない。なぜだろうか。それは価格があるにもかかわらず、その量があまりに豊富だからである。生産者の使命は、貧をなくすために、貴重なる生活物資を水道の水のごとく無尽蔵たらしめることである。どれほど貴重なものでも、量を多くして無代に等しい価格をもって提供することにある。

「いわば水道の水のように、いい物を安くたくさんつくるということは、いつの時代でも大事なことやで」

この考え方は、松下自身は一度もそう表現していないが、世間には「水道哲学」という呼称で広まった。

さて、ときおり表面的な理解だけで水道哲学を批判する人が現れるから、少し補足をしておこう。日本は物が豊かになったから、もうそのようなことを考えなくてもいいのではないかという人がいる。

次ページ「いい物」とは何か?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。