斬新!「猫のトイレ」が超ハイテクに進化した

猫ブームがもたらす、計り知れない経済効果

アベノミクスは当てにならないが、ネコノミクスは大いに経済に貢献している……?

空前の猫ブームは何を意味しているのか。その社会的背景や経済効果については後述してみたい。

ところで猫の飼いやすさの一つはトイレのしつけだ。これは猫派の私が大いに実感するところだ。我が家ではこれまで何匹もの猫と暮らしてきたが、いずれも綺麗好きで、特にしつけた覚えも無いのに、ちゃんと所定のトイレで用を足すことにはいつも感心する。

ただ、トイレの掃除は人間の仕事で、こればかりはこまめにやらねばならない。

これをより効率良くするために、様々なトイレや砂が開発されてきたが、とうとう自動的に掃除をしてくれるトイレロボットが登場した。米国発の猫用トイレロボット『キャットロボット Open Air』だ。今回はそのアップデート版を紹介したい。

アップデートした猫用トイレロボット

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

『キャットロボット Open Air』の販売は、輸入販売を手がける株式会社オーエフティーが行っている。

旧バージョンでも米Amazonでは約1000もの高い評価レビューを獲得していたそうだが、さらにその製品がアップデートされたのだ。

改良点の一つは、暗くなるとムーディーなナイトライトが点灯して、人間にも視認性が良くなっていること。もっとも、猫は夜目が効くので彼らには不要だと思うが、まぁ、これは飼い主が満足できれば良いのだろう。

また、入り口が大きくなったことで、猫が出入りしやすくなったようだ。

米国発の猫用トイレロボット『キャットロボット Open Air』
次ページ「多頭飼い」にはもってこい?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。