年末年始も活況、東京ドームは業績上振れ

嵐、安室…人気公演目白押し

優勝争いで最後まで盛り上がった巨人戦だけでなく、嵐、安室奈美恵、プリンセスプリンセス、KinKi Kids…と、人気アーティストのコンサートも年末年始まで目白押し。東京ドームの今期業績見通しは上振れが必至の情勢だ。

ドーム球場のほか遊園地、ホテルなどを擁する、東京ドームの今2013年1月期は第3四半期累計(12年2~10月期)までの決算が順調に推移している。第4四半期(12年11月~13年1月期)も大きなマイナス要因は見当たらない。

四季報新春号予想よりさらに上振れの公算

東京ドームは12月13日に第3四半期累計の決算を発表。売上高は612億円(前年同期比13.2%増)、営業利益87.3億円(同99.1%増)と、東日本大震災が響いた前年同期を大きく上回った。通期の業績見通しについては、会社側は今のところ、売上高782億円(前期比6.8%増)、営業利益86億円(同63.8%増)などとする期初計画を崩していない。

しかし、通期見通しが会社期初計画のままだと計算上は、第4四半期3カ月分の業績は、売上高169億円(前期の第4四半期は190億円)、営業損益が1.3億円の赤字(同8.6億円の黒字)となってしまう。

東洋経済では「会社四季報」新春号(12月14日発売)で、会社期初計画を上回る売上高795億円、営業利益96億円、経常利益69億円、純利益52億円の通期予想へと独自に増額修正していた。今回の第3四半期までの決算発表を受けて、独自予想を小幅増額する。

第3四半期までの事業別動向を見ると、売り上げ構成の7割を占める東京ドームシティ事業では、遊園地やホテルが計画比ではやや軟調だったものの、震災に見舞われた前期に比べれば改善。同事業の中核であるドーム球場については、本拠地とする読売巨人軍が快進撃を続けたことから、期初想定にはなかったクライマックスシリーズ(セ・リーグのプレーオフ)、日本シリーズといったポストシーズンゲームが計9試合分上乗せされた。

次ページ来期は売り上げ足踏みも
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。