上場企業の今期は6%増益、来期20%増

【産業天気図・業種別業績予想集計】

 

「会社四季報」2013年1集(12月14日発売)のデータを基にした独自集計によると、銀行と保険を除く2105社で集計した今2013年3月期の予想営業利益は、前期比5.7%増まで増益幅が縮小する見通しだ。

前12年3月期の実績である同17.7%減からは大きく改善するものの、16%増益を見通した「会社四季報」前号からは大幅に増益幅が縮小する。前期業績に大きな影響を与えた東日本大震災やタイ洪水の影響がなくなることが大きいものの、中国での景気減速が想定より長引いているうえに、一部業界では反日不買運動の影響も出ており、足元の円高定着、販売価格も全般に軟化、輸出産業中心に厳しい状況が続いている。

自動車は大幅回復だが・・・

業種別にみると銀行・保険を除く31業種中、営業増益となるのは17業種。増益幅が大きいのは、輸送用機器(52.1%増)、その他製品(42.0%増)、金属製品(34.8%増)。いずれも前号から増益幅は縮小。天災で沈んだ前期からの反動増で「会社四季報」前号では4割強の増益を見込んだ電気機器も増益率が2割を切った。業種の数ではかろうじて増益・黒字転換組が勝ったものの、自動車以外は本格回復とは呼びにくい見通しとなった。

増益率が大きい輸送用機器(自動車)は、震災やタイの洪水影響により減産を強いられた前期からの挽回生産で反動増、上期中心にエコカー補助金効果も後押し、下期も中国向けが苦戦するものの、米州とアジア諸国での好調が続き、業績が急回復しそうだ。

 

次ページ増える業績悪化業種
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。