ヒトラーの早世した「兄」、実は弟だった

生後6日目に水頭症により死亡

5月30日、ナチスを率いたアドルフ・ ヒトラーの兄とされていたオットーが実際は弟だったとする見解を、歴史家のフロリアン・コタンコ氏がオーストリアの地元紙で明らかにした。ベルリンで昨年12月撮影(2016年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)

[ウィーン 30日 ロイター] - ナチスを率いたアドルフ・ ヒトラーの兄とされていたオットーが実際は弟だったとする見解を、歴史家のフロリアン・コタンコ氏がオーストリアの地元紙で明らかにした。

ヒトラーは両親の間に生まれた子ども6人のうち4番目と広く考えられていたが、コタンコ氏がオーストリア北部の出身地の記録を調べたところ、すぐ上の兄とされていたオットーはこれまでの説より3年後の1892年6月17日に生まれ、生後6日目に水頭症により死亡したことが分かったという。

コタンコ氏は「上の子ども3人が死亡したため、唯一生き残ったアドルフ・ヒトラーが母親から特別な注目を受けていたことが彼の精神面に影響したとする多くの伝記執筆者の結論には、説得力がなくなった」と述べた。

さらに疑問点として「当時3歳児だったヒトラーが弟の誕生と死にどのように向き合ったか」という点を挙げ、ヒトラーが弟の状況を知っていたかどうか、それがどのように影響したかが問題だと指摘した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。