「負のオーラを放つ部下」はこうすれば蘇る!

上司の仕事が辛くなったあなたへ

負のオーラを放つ部下、どうすれば変わるでしょうか(写真:EKAKI / PIXTA)

部下を変えるたった3つのコツ

部下を持つとツライことばかり、指示しても動かないし、文句は言うし、内心では何を考えているかもわからない……。こんな経験はないですか。また、あなたはそれに今までどのように対処してきたでしょうか?

・「深呼吸」――確かに少しは落ち着きますよね。

・「傾聴」――部下の話に耳を傾けることは大切ですね。

・「受容」――でも、部下のすべてを受け止めていたら疲れてしまいますね。

部下には部下の世界があります。残念ながらそれは不可侵であり、あなたの働きかけが及ぶとは限らないのです。たとえ、あなたが王様であっても、人の心までを変えることはできません。でも、たった3つのことをするだけで、驚くほど部下が変わり始めます。そして、あなたと部下との関係も楽になります。

その3つとは、

・「何でも言ってくれ」と言うのをやめる
・ポジティブな内容以外には反応しない
・部下の肩に軽くふれる

たったこれだけで、職場がよみがえります。仕事の効率だって高まります。

次ページ「何でも言ってくれ」と言っていませんか?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。