デキない人は数字の扱い方がわかっていない

細かく考えすぎるとドツボにはまる

数字はビジネス上とても大事ですが…(写真:xiangtao / PIXTA)

こんにちは。ビジネス数学の専門家、深沢真太郎です。

この連載は実際にあったケースを交えて、「人を動かすためのコミュニケーション」に数学的にアプローチし、明日から使える思考法やテクニックをお伝えしていくものです。

今回のキーワードは「素早く、ざっくり」

たとえばあなたが営業マンだとしましょう。お客様がこんな質問をしてきたとします。

「このオプションAとオプションBをつけて、さらに弊社向けに若干のカスタマイズをして、3ヶ月後に納品いただくとしたら、どれくらいの見積になります?」

このとき、あなたのリアクションは次のどちらでしょうか。

・「いまはちょっとわかりかねます。社に持ち帰らせていただけますか」

・「正確な金額は後日ご提示するとして、ざっくり100万円くらいでしょうか」

答えは、「相手の心」にあります

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

私が「Good」と評するのは後者です。その理由は、お客様の心にあります。少しだけ、論理的に考えてみましょう。

Q. なぜこのお客様は質問したのでしょう。
→ もちろん、金額を知りたいから。
Q. では、なぜいま金額を知りたいのでしょう。
→ 予算に見合わない金額だと、そもそも商談にならないから。
Q. このお客様が知りたい金額は正確である必要があるでしょうか。
→ そんなことはない。この局面では規模感がわかれば十分。

ですから、素早くざっくり概算してコミュニケーションできるほうを「Good」と評価するのです。

次ページ「どれくらい待ちます?」の答え方
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。