iPhoneからの「情報漏れ」をガッチリ防ぐ裏技

家族にも絶対に中身を見られない方法がある

そのため、複数回登録するのは、最も頻繁に使う指に絞るといい。右利きの人は右手の、左利きの人は左手の親指が適当だろう。

なお、各項目にどの指が登録されているかは、上記の設定画面でホームボタンに指を置くことで確認できる。この画面でTouch IDに触れると、登録されている指紋の色がグレーに変わる。ここで、2回登録した親指を試してみるといい。指の当て方によって、どちらが反応するのかがわかる。同じ指から読み取れる指紋のパターンが増えるため、精度が向上するというわけだ。

2.面倒な6ケタパスコードを4ケタ化する

Touch IDの導入以降も、パスコードを入力するケースは意外と多い。指紋の読み取りに失敗したときや、端末再起動時などは、Touch IDが利用できないからだ。可能性は低いと思うが、48時間ロックを解除しない場合も、Touch IDが無効になり、パスコードの入力を求められる。

画像を拡大
パスコードを4ケタに戻すことも可能だ

iOS9からは、パスコードの標準設定が4ケタから6ケタに増え、セキュリティがさらに強化された。4ケタだと1000組だが、6ケタなら10万組の組み合わせが可能となる。コンピュータならいざ知らずだが、人力での解除は、難しくなる。

一方、それでも、たったの10万パターンしかないことに変わりはなく、悪意を持ってコンピュータでロックを解除しようと思えば、解除できないことはない。パスコードを連続で間違えたときにデータを完全消去するようにしていないかぎり、安全度は五十歩百歩といったところだろう。

頻繁に利用するパスコードは、もう少し素早く入力できたほうがいいという場合は、オプションで4ケタの数字に戻すことが可能だ。

設定は、パスコード変更時に「パスコードオプション」をタップして行う。ここで、標準の6ケタ数字から、4ケタ数字に切り替えることができる。使い勝手はよくなるが、リスクは高まることを覚えておこう。

次ページより複雑な文字列にする方法もある
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ネット広告の闇

世界最大の広告主・P&Gがネット広告を減らしている。トンデモサイトへの「知らぬ間出稿」でブランドを毀損したトヨタ、JAL、富士通…疑問と批判が噴出。ネット広告の問題点に迫る。