ビジネス・経済書「トップ200冊」ランキング

1位はカリスマ経営者・小山昇氏の最新刊

出版社の皆さま、お待たせしました!最新の週間ランキングをお届けします(写真:Graphs / PIXTA)

いま多くの読者に支持されているビジネス・経済ジャンルの書籍は何か。5月22~28日にアマゾンで売れた書籍(電子版を除く)のランキングをみていこう。

1位は『儲ける社長の人事評価ルールのつくり方』。中小企業経営者の間に多くのファンを持つ小山昇・武蔵野社長の最新作だ。武蔵野で行っている賃金テーブルや賞与のしくみ、手当など、社員のモチベーションを高める人事評価制度のつくり方をわかりやすく解説している。

2位はマナーのカリスマ講師・西出ひろ子氏による、ビジネスマナー教本『超一流のビジネスマンがやっているすごいマナー』。ゆとり世代が悩む、会社では教えてくれないマナー・作法を解説している。

3位は『パナマ文書』。パナマ文書の正体、今後の世界と日本に与える影響を分析している。

次ページ以降、193位までの売り上げランキングを掲載する。

次ページ1~50位は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。