時代に負けない、キャリアの”背骨”の作り方

普遍性の高い、自分らしさを見つけよう

前回記事はこちら)

普遍性の高い学びを心掛ける

スペシャリストもジェネラリストもそのままでは通用しない時代の今、キャリアに向き合うには、(1)「積み重ねる」より「つなぐ」、(2)具体的目標より習慣、(3)自分らしい幸せなキャリアをつくる、といった姿勢が重要だとここまで述べてきた。

こうしたキャリアを実現するため、どのように働き、どのように学ぶべきだろうか。そのためには、普遍性の高い学びを心掛けることだ。「想定外変化」が起こる時代には、積み上げた知識やスキルが急に使えなくなることもあるが、それまでに学んだことの普遍性が高ければ、新しい仕事や環境でも類推を利かせることができる。

また、普遍性の高い学びを蓄積すれば、それが下支えとなり、「想定外変化」に際しても、ラーニングカーブ(成長曲線)における落下の幅を小さくすることができる(図表1)。

では、普遍性の高い学びはどうすれば得られるのか、そのヒントを3つご紹介しよう。

次ページ特定分野の深堀りも役に立つ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。