宇宙飛行士が「課長」ってどういうこと?

スーパーサラリーマンでなければ、宇宙には飛べない

船外活動をする星出彰彦宇宙飛行士 (出典:JAXA/NASA)

「宇宙飛行士」に対して、あなたはどんなイメージを抱いているだろうか。

知力・体力・精神力ともにずば抜けた「スーパーエリート」であり、(自分たち)サラリーマンとはかけ離れた「雲の上」のような存在……。こんな先入観を持つ方も多いのではないかと思う。

メディアに登場する宇宙飛行士は、「晴れ舞台」である宇宙で活躍する姿がほとんどだ。どんなトラブルにも動揺せず冷静沈着に対処し、命の危険と紙一重の宇宙空間でつねに笑顔で仕事をこなす彼らは、確かに英雄に映るだろう。

だが、2013年末からの宇宙飛行で、日本人で初めてコマンダー(船長)を務めることが決まっている世界の宇宙飛行士のエース、若田光一氏は英雄視されることに違和感を覚え、「宇宙飛行士って『課長』のようなものですよ」と常々私に言っていた。

スペシャリストでなく、部長でもなく、課長ですか? いったい、どういうこと?

約20年間、宇宙飛行士のインタビューを続けてきた私も、若田氏の言葉に驚いた。だが、彼らの置かれている立場や仕事内容を考えるうち、「なるほど」と納得するようになった。

そもそも複雑多岐にわたる宇宙ミッションは、宇宙飛行士の頑張りだけでは決して成しえない。世界中の管制官、技術者、訓練担当、医学関係者など巨大な「グローバルチーム」が宇宙飛行を支えている。

そして宇宙での仕事内容を決めるのは管理職である運用チーム。宇宙飛行士はこうしたチームの一員なのだ。

次ページ宇宙飛行士の資質は、サラリーマンと同じ?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。