教育の大転換「高大接続」を知っていますか?

一大構想とその課題を丸ごと解説

日本は「高大接続改革」の実現に向けて、まだ動き始めたばかりだ(写真:msv / PIXTA)

「高大接続改革」という言葉をご存知だろうか? 一般的な知名度は低そうだが、実は、教育関係者なら知らない人はいない超重要フレーズだ。

「高大」とは、「高校と大学」という意味。このひねりのない名称に、実は日本の教育を大きく左右する一大構想が含まれている。先日、国が改革の推進チームを編成したと発表し、いよいよ本格化しようとしている。

今年3月31日に文科省から発表された最終報告は、70ページ超の大ボリューム。専門用語も多く、全文を読んでもなかなかわからないかもしれない。そこで簡単に要約した上で、この計画が抱えている根本的な課題を、米国との比較から考えたい。

3行でわかる「高大接続改革」

誤解を恐れず、構想の全文から要点のみを抜き出すとこうなる。

【要点】
① 従来型の教育では世界の変化に対応できない。そこで受動的な学びではなく、アクティブラーニング=能動的な学びの場に変える。思考力・判断力・表現力など、多様な力を育む。
② 高校、大学、社会でも求められる能力がバラバラの状況を変えるため、高校と大学の接合点、大学入試も変えていく。
③ 大学入試は、面接やポートフォリオなどによって総合的に評価するものに変える。

これらによって、社会に出てからも活躍できる人材を育成できるようにする。それが、この改革の趣旨だ。

ではなぜ、高校と大学を接続する必要があるのか。それは、簡単に言えば、これまでの日本の教育では、高校で学ぶこと、入試で求められること、大学に入ってから学ぶこと、そして、社会に出てから必要なことが、それぞれ異なっているからだ。

次ページなぜ「高大接続」が必要なのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。