「牛用ウェアラブル」で畜産はここまで変わる

疾病予防に妊娠率向上、産乳ロス軽減まで!

牛のための“ウェアラブル端末”が開発された!(写真は『Cowlar』より)

南アジアに位置するパキスタンは、畜産業が盛んな国のひとつ。酪農乳業の専門機関IFCN(国際農場比較ネットワーク)によると、パキスタンの生乳生産量は、2011年時点で、年間4160万トンに達し、インド、米国に次ぐ、世界第3位の規模となっている。

しかしながら、その農家の多くは、伝統的な家畜飼育を行っているため、生産性が低いのが現状だ。

「牛のためのウェアラブル」が誕生

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

『Cowlar(カウラー)』は、パキスタンの首都イスラマバードを拠点とするスタートアップ企業『E4 Technologies』によって開発された、牛のための“ウェアラブル端末”。

耐水性と耐久性に優れた首輪型の端末で、牛の首に装着すると、内蔵されているセンサーを通じて、体温を自動的に計測し、食事や睡眠など、日常の行動をリアルタイムで記録する。

次ページデータ解析で「畜産の生産性」アップ!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。