店舗数1000店、業界シェア10%狙う

香港上場のパチンコホール大手ダイナム

8月に念願の香港上場を果たしたパチンコホール大手ダイナムジャパンホールディングスの佐藤洋治社長は、12月4日の上期(2012年4~9月期)決算発表の席上、「10年後にグループの店舗数を1000、業界シェア10%を狙う」との意欲を示した。

シェア10%取りが視野に

ダイナムグループの店舗数は上期末で347。これを1000にするにはあと653。佐藤社長は「今後10年間、毎年平均40店ずつ出店して400店。残りの253店はM&Aで確保していく」という。業界全体の店舗数は11年末で1万2323店(12年版レジャー白書)。これまで年々減少傾向にあり、現在はさらに減っている状況で、今後もこの流れが続くとみられるため、10年後の1000店はほぼシェア10%になる。

ダイナムの場合、新店舗の出店費用は「1店当たり4億円強だから、40店で約160億円。当社は現預金が9月末で400億円。加えて、償却が年間110億円以上あり、毎年のキャッシュフローが270億円以上になるため、毎年40店を出店しても資金的には問題ない」(佐藤社長)。

 

次ページM&Aにも意欲
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。