漫画編集者に学ぶ人をやる気にさせる技術

世界で最もスリリングな関係から生まれたものとは?

友人関係とは断固として違います

作家と担当編集者の関係は「世界で最もスリリングな人間関係ではないか」と感じます。

作家にとって編集者とは、新人のときは仕事をくれるありがたい取引先ですが、もしその作家が売れっ子になったとしたら、関係は逆転してしまう。しかしそこでうかつに調子に乗ってしまうと、いざ彼が没落したときに、誰も相手にしてくれなくなることでしょう。

この関係はとても複雑で繊細で、単純にどちらが上位などと判別することはできません。

個人的に親しくなることはあっても、その根本はあくまでビジネスであって友情ではない。だから友人関係とは断固として違います。

編集者が作家の利益や事情の代弁者になっては仕事が進まないので、タレントとエージェントとも違う。

よくピッチャーとキャッチャーに喩えられることがありますが、作家はフリーランス、編集者はサラリーマンと立場が異なるわけで、やっぱりそれとも違う気がします。

しかし「あれとは違う、これとは違う」という一方で、実はやっぱりそれらの要素も持っている。マネジャー的な役割を務めたり、女房役であったり、成果を共に喜ぶ友人だったりする部分も確かにあります。

愛、信頼、目標を共有する喜び、裏切り、策謀。要するに、社会のあらゆる人間関係の要素を持つのが、このスリリングなパートナーシップではないかと感じます。

またそれがゆえに編集者には、多様な対人接触のスキルが要求されるのでしょう。

次ページその技術を一言でいうと?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。