日本の輸出はなぜ激減したのか

変調きたしたストック取引

2008年9月にアメリカの投資銀行リーマン・ブラザーズが破たんした。アメリカ金融市場は大混乱に陥り、保険最大手のAIUが危機に陥った。アメリカ政府は金融機関に対して巨額の資本注入を行った。日本の輸出が急減し、日本の輸出企業は大赤字に陥った。

この経済大変動が起きてから、早くも3年経った。しかし、日本では、このプロセスがいまだに完全に理解されているとは言い難い。

貿易が急減してから後のことは、これまでの経済学で理解できる。輸出という外生需要が急減したため、生産が急収縮したのだ。これは、フロー面の変化だ。

しかし、図のように、ドル/円レートの変調は、07年5月頃から始まっていたのである。6月に1ドル=123円の円安のピークをつけた後、急激な円高に転じ、08年5月には100円を突破する水準になっていた。つまり、ここまでで、2割を超える円高になっていたのだ。しかし、輸出は増え続けた。前回述べたように、フロー変数の調整は、通常は価格変化に遅れるのだ。

次ページどうして円高になったのか
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。