つらい精神的な労働を乗り切る方法 

感情労働の時代

感情労働という言葉をご存じだろうか。労働はこれまで、「肉体労働」と「頭脳労働」の二つに大きく分けられてきた。しかし最近は、いずれにも当てはまらない第3の労働、「感情労働」があると考えられるようになってきた。職務として、表情や声や態度で、適正な感情を演出することが求められる仕事のことである。

この概念は、1970年代半ばに米国で生まれ、A・R・ホックシールドという社会学者の著書『管理される心 感情が商品になるとき』によって、広く知られるようになった。83年の著作で、日本語訳は2000年に刊行されている。

心からの笑顔という感情労働が求められる

ホックシールドは、米国の航空会社の客室乗務員を対象にフィールドワークを行い、労働と感情とのつながりを明らかにした。客室乗務員は、乗客が安心できるよう、つくり笑顔でなく心からの笑顔に見せるためのスマイルトレーニングを受ける。また、危険な状況に陥っても、乗客を安心して誘導できるよう、自らの感情を管理する訓練が行われる。こうしたことが、「感情労働」であるとホックシールドは考えたのである。

笑顔をはじめとする適切な表情、そしてその表情に合わせた感情が、職務として求められる職種は、客室乗務員だけではない。特に、教師や医師、看護師といった、資格や免許を持ち、教育や医療など公的サービスを担う人たちに対しては、人格者であるべきという人々の期待が大きい。その期待に応えるべく、彼らは適切な表情をし、適切な感情労働をする。その負担が大きいためか、こうした職種の人たちが精神的に追い詰められるケースが社会問題化している。

次ページ公的な仕事についている人々の心理的負担は大きい
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。