アマゾン本社へ行ってみた(上)

徹底して犬に優しい

これまでにない流通帝国をつくろうとしているアマゾン。その本拠地はいったいどうなっているのか。今回、たまたま別件でシアトルへ取材に行く機会があったため、11月15日にアマゾン本社を訪問してみた。本社内を広報担当のタイ・ロジャースさんが案内してくれた。

アマゾンの本社が市の南部にある古い病院(パックメド)に入居していたのは2011年まで。徐々に移転を進め、ユニオン湖の南側にある現本社へ移転した。まだ移転したばかりのため、ピカピカの建物だ。しかし、後述するように、早くもシアトル市中心部への引越しプロジェクトが始動している。詳細は特集号を読んで欲しいが、要するに本社社員が急増しており、今のキャンパスは手狭なのだ。

ロジャースさんによれば、「もともとはマイクロソフトの共同創業者であるポール・アレンさんが経営するバルカン社が開発したユニオン湖南側の11のビルを本社とする予定でした。しかし、スペースが足りなくなったため都心部のビルを3棟借り増ししており、今では14棟に分散しています」とのこと。社員の移動には相当不便な状況になっているようだ。

シアトルのランドマーク「スペースニードル」にある地上150メートルの展望台からアマゾン本社周辺を見下ろしてみた。どこが本社のビルなのかわかりにくいと思うが、画面中央あたりに集中して建っている小型低層のビル群がアマゾンの本社キャンパスだ。どこにも看板がない。

本社キャンパスの中心部分に相当するのがここ。左側がDAY 1 NORTHビル、右側がDAY1SOUTHビルだ。DAY 1とは、もちろんベゾスCEOの株主に対する言葉、「まだ1日目(DAY1)」にちなんでいる。

次ページ垣間見える倹約さ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。