ブーム到来?「伝統野菜」活用が地方を変える

家族のために、ひっそり守られてきた在来種

食べ物の種から考える“持続可能な暮らし”とは(写真 :Flatpit / PIXTA)

私たちが日々口にしている野菜や果物といった植物は、子孫を残すため、種を作る。今の時代、おカネを出せば簡単に食べ物は手に入るので、我々はまるで「工業製品」であるかのような錯覚をしてしまうのだが、野菜も「生き物」で、その元は種だ。

今回は、食べ物の種から「持続可能な暮らし」を考えてみよう。

ひっそりと「家族のため」に守られた在来種

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

大和まな、宇陀金ごぼう、ひもとうがらし、大和いも、片平あかね、大和三尺きゅうり、大和丸なす、筒井れんこん……。

いずれも「大和伝統野菜」で、戦前から奈良で生産されてきた。

奇跡的な復活を遂げた「むこだまし」

近年京野菜や加賀野野菜などのブランド野菜は人気だが、奈良県も「大和伝統野菜」を認定し、知名度アップに取り組んでいる。

日本人にとって大切な五穀の一つ・粟の中でも最高級とされる「むこだまし」。三浦氏が、奇跡的に「むこだまし」の種を見つけて復活した。

次ページ大量生産・流通には適さない特徴
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。