「栽培する」レンガ!超エコな建築資材が続々

燃料コストを大幅削減、地産地消も可能に

生成プロセスにおいて燃料を必要とせず、「建築材料の地産地消」が実現できるエコレンガ(写真:bioMASON

レンガは、メソポタミア文明の時代から利用されている建築材料。

その生産量は、アジア地域だけで、1年間に1.2兆個にのぼり、原材料である粘土を高温で焼成する工程で、およそ8億トンもの二酸化炭素を排出している。

だがここへきて、米国のスタートアップが従来とまったく別のエコな方法でレンガを生成する技術を編み出した。

サンゴに着想!細菌と砂からレンガを生成

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

米ノースカロライナ州を拠点とし、2012年に創設されたスタートアップ『bioMASON』は、サンゴ礁の形成プロセスから着想し、従来の焼成によらず、細菌と砂からレンガを生成することに成功した。

サンゴは、内部の細菌がもたらすpH(水素イオン濃度指数)の変化によって、結晶化する。

そこで、『bioMASON』は、このサンゴの生物学的機能を模倣。砂を型に入れ、細菌を注入し、細菌の養分となるカルシウムイオンが含まれた水を与えると、結晶化がすすみ、5日程度で、十分な強度を持つレンガが生成できるという。

次ページ環境負荷がこんなに減る!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。