体内からの紫外線対策はこれでバッチリだ

水素水とビタミンACEを意識して取るといい

日ごろから、濃い色の野菜や新鮮な果物をつとめて食べるようにしよう(写真:すなべしょう/PIXTA)

強い紫外線が降り注ぐ季節がやってきた。帽子やメガネ、日傘などで防備できればよいが、仕事の外回りなどでは、防備グッズを使いづらいことがある。さらに、曇りの日でも、環境省の「紫外線環境保健マニュアル2015」によれば、「薄い雲の場合、紫外線の80%以上が通過」するというから、安心は禁物だ。容赦なく体内に侵入する紫外線は、細胞の遺伝子を破壊し、シミやシワなど老化を加速させて、がんなどの病気にも結びつくのは周知のこと。それに関わるのが活性酸素である。

「人間は、呼吸で酸素を取り入れるため、体内に反応性の高い活性酸素が生じる宿命を持っています。活性酸素はDNAなどの遺伝子構造に変化をもたらすため、体内にはそれらを除去する仕組みがあります。しかし、紫外線などで体内に活性酸素が増えすぎると、除去できずに遺伝子が損傷した細胞が増え、シミやシワなど肌の老化が速まり、皮膚がんなどの病気につながるのです」と、抗加齢医学の第一人者、東海大学医学部付属病院健診センター長の西﨑泰弘主任教授が説明する。

紫外線による活性酸素は発がんなどのリスクに

この連載の一覧はこちら

「通常の活性酸素は、血液の中や組織の間で増えますが、紫外線による活性酸素は細胞の中でも増えるのが特徴です。細胞内で遺伝子構造に異常をもたらしやすく、発がんなどのリスクを高めます。そのため、紫外線対策はとても大切なのです。そのひとつの方法として、私は『水素水』をお勧めしています」

水素水は、水素ガスを含む水のこと。健康に役立つ水として10年ほど前から注目を集め、スーパーなどでも市販されている。

「最も毒性が高い活性酸素ヒドロキシラジカル(HO)は、水素(H)と結びつくと単なる水(H2O)になってしまいます。水素は分子が小さく細胞内にも浸透できます。高温で汗をかいたときには、塩分などを含むミネラルウォーターが熱中症予防としてよいのですが、水素水も合間に飲めれば理想的ですね」

次ページ頼りになるビタミンACE(エース)
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。