ストックの影響がフローを凌駕

金融政策で国内経済は制御できない

しばらく前の国際経済学の教科書を読むと、「為替レートは経常収支によって決まる」とある。経常黒字が拡大すれば円高、縮小すれば円安になるというわけだ。

2005~07年の間は、経常収支黒字の拡大にもかかわらず、円安が進行した。そして、08年と09年には、経常収支黒字が大幅に縮小したにもかかわらず、顕著に円高になった。11年にも経常収支黒字が大幅に縮小したが、円安にはならなかった。つまり、05年以降の動きは、教科書とまったく逆だ。

なぜこうなるのか。05年以降の円安の原因は、日本から大量の資金流出があったことだ。これは、「円キャリー取引」と呼ばれる。08、09年に円高になったのは、金融危機で円キャリーの「巻き戻し」が生じ、アメリカに投資されていた資金が日本に戻ってきたからだ。11年には、ユーロ危機の影響で海外から短期資金の流入があった。このため、円安にならなかったのである。

経常収支はフローの取引の記録だ。それに対し、資本収支はストックの取引の記録である。上で述べたことを、フローとストックという概念を用いて言えば、「為替レートは、フローの変化よりは、ストックの変化で動くようになった」ということだ。

こうなるのは、ストックの取引額のほうが遥かに大きいからだ。フロー変数は、変化するにしても、限度がある。たとえば、1人の個人が自動車を100台も買うことはない。しかし、FX取引でドルを100万ドル買うことはありうる。だから、為替レートはフローでなく、ストックで決まるのだ。

金融政策に関しても、国際資本移動の影響が重要性を増している。教科書には、「金融緩和をすると金利が下がり、国内の投資が増える」と書いてある。しかし、10年以上続く日本の金融緩和で、金利は下がったが、投資は増えなかった。特に住宅投資の激減ぶりは印象的だ。

なぜか。国内の金利が下がると、相対的に海外資産の魅力が増す。そして資金が海外に流出してしまう。

次ページ資金が海外に流出するということは・・・
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。