文化はダーティなところから生まれる

知の「新世代リーダー」 東浩紀 思想家(下)

インタビュー(上)はこちら

――では、どうしたら、大局的に物事を見られるようになれるのでしょうか?

それはさすがにわかりませんが……(笑)。

ただ、個人的に大事だと思っているのは「場づくり」ですね。自分の専門領域に閉じこもる内弁慶が多くなったのは、リアルに人と出会わないことも関係していると思う。 

僕がいま会社をつくり、『思想地図β』などの雑誌を発行しているのも、そういう場づくりが動機です。福島第一原発観光地化計画でワークショップを行っているのも同じ理由。専門領域の異なるコアメンバー7人で合宿するのですが、みなバックグラウンドが違うのだから、イデオロギーも少しずつ違う。それでも、7人で1泊したという事実は大きい。

こうしたベースがあっての意見対立はいいですが、いまはリアルな接触もお互いへの尊重もないまま、「俺のほうが偉い」とか「俺は当事者だから言う権利がある」とか、ぶっつけあっている人ばかり。そうした場から、生産的なアイデアは出てきません。

――若者間の有益な議論を推進するための「場づくり」として、カフェもやられるそうですね。

はい。現在内装工事中で、年明けには「ゲンロンカフェ」という名の店がJR山手線の五反田駅前にオープンする予定です。イベントスペースとカフェが一体化した空間で、そこで、週2~3回、『思想地図β』の執筆者たちに講義をしてもらい、ちょっとしたカルチャーセンターにしようと思っています。また、軽めのイベントなどを行います。

言ってみれば、朝日カルチャーセンターとロフトプラスワンのいいとこ取りをしたようなスペースですね(笑)。若い世代が集まる知的センターになればいいな、と。大学、特に人文系の学部は、知的な場所としては機能していないので。

次ページ今の社会はクリーンすぎる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。