エンジニアの本棚に「動物の本」があるワケ

動物好きが多いのか?

休日のぼへちゃんのお宅に、お友達がお子さんと一緒に来てくれました。気心知れた友達と過ごす休日って楽しいですよね。

他人のお家にお邪魔すると、ついつい見てしまうのが本棚。その人がどういうことに興味を持っているのかが一目でわかるものです。まだ読んだことのない面白い本に出合えたりもしますし、お互い本の感想を話しあったりして、会話がはずむきっかけになる場所でもあります。

今日来てくれたお友達も、そしてそのお子さんも、ぼへ家の本棚に興味津々。面白そうな本がたくさんあります。

その中で、お友達の目に止まったのが動物の絵が表紙に描かれた本「あー、ぼへちゃんもこの本持ってるんだ。やっぱりエンジニアの人って、動物好きなんだねぇ」。

ぼへちゃん、犬とか猫とかは嫌いじゃないですけど、「エンジニアが動物好き」ってどういうことでしょうか。

「この動物の表紙の本。エンジニアのお宅に行くと大抵あるんだよねぇ」。あ~、それですか!

その本は「オライリーメディア」という出版社から出ている技術書。この出版社から出ている本には、いずれも動物の絵が描かれているんですよね。中身はUNIXのコマンドやらなにやらで、動物のお話しなどは全く出てきません。

エンジニアのお宅にオライリーの本があっても、動物好きというわけではないのです。

関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。